専業主婦 カードローン 今日中

気になる「総量規制」の前に・・・

専業主婦がお金を賃金業者や銀行からお金を借りるのに、関係してくる法律が「総量規制」です。
なんとなく、言葉や文字を見たことがあるかもしれませんが、その内容までは、なかなか理解するタイミングがないと思います。お金を借りるのには、ある程度知識が必要ですし、返済の計画もちゃんとしてから申し込みや融資を受けてください。

 

返済の計画に対しては、「カードローン 返済シュミレーション」などの検索用語で多くのサイトがヒットします。また、申し込み希望の企業や銀行の公式サイトでも返済シュミレーションや返済計画予定を確認することができ、【毎月の返済額】と【返済期間】などを調べることができます。使いやすそうなサイトを選んで必ず、シュミレーションしてから申し込みをしましょう。

 

お金とOKサイン

 

知識としては公式サイトや様々な比較サイトなどがあります。そのような場所で情報収集してカードローンに対して正しい知識を頭に入れておくことが大切です。また、見やすいと思ったサイトはお気に入り登録などをして見返すことができるようにすると良いです。

 

このページでは「総量規制」について説明していきます。
もし、わかりやすい!見やすいと感じたらこのサイトも是非、お気に入り登録をして見返すようにして下さい。

 

比較表で自分の条件に合ったカードローンを探す!

商品名 金融
タイプ
最高融資
限度額
(万円)
最高
金利
専業
主婦
パート
アルバイト
即日
審査
即日
融資
無利息
期間

三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行系 500 17.4% O O O O 無し

じぶん銀行カードローン
銀行系 500 14.6% O O O O 無し

しずぎんカードローン「セレカ」
銀行系 500 14.5% O O O O 無し

みずほ銀行カードローン
銀行系 1000 14.0% O O O 無し

みずほMyWing
銀行系 500 14.0% O O 無し

レイク
銀行系 500 18.0% O O O 有り

楽天銀行スーパーローン
銀行系 500 14.5% O O O O 無し

アコム
消費者金融系 500 18.0% X O O O 有り
プロミス
プロミス
消費者金融系 500 17.8% X O O O 有り

モビット
消費者金融系 500 18.0% X O O O 無し

総量規制について


おしゃれな銀行

総量規制は、年収等の3分の1までの借入金額しか賃金業者から借入ができません。という法律です。 個人だけの対象で、賃金業者が対象となります。 賃金業者とはカードローンの場合だと「消費者金融」と呼ばれるアコムやプロミス、モビット、アイフル等が対象となります。

なので、銀行や信用金庫、農協などは貸付の業務は行っていますが、「賃金業者」ではないので、総量規制の仕組みには無関係となります。

収入のない専業主婦が借入をする場合、総量規制の仕組みにより必然的に銀行からの借入のみになります。消費者金融からも借り入れする方法はあり「配偶者貸付」といいますが、配偶者貸付は配偶者の同意書や婚姻関係を証明する書類などが必要で、専業主婦が個人で借り入れすることはできません。

収入のない専業主婦が個人で借りれを希望するのであれば、銀行からの融資を受けるしかないということです。年収が0円の3分の1は0円ですから、消費者金融からは借入ができないのです。
専業主婦がお金を借りるときに深く関わる総量規制の仕組みはこの部分がほとんどです。 その他、総量規制の例外や除外といった細かい決まりなどもありますが、基本的にこの上記の説明の部分が重要です。

その他、総量規制について抑えておきたいポイント

総量規制対象外の銀行から借入を専業主婦が借り入れする場合は、いくらまで借入ができるか。

 

⇒銀行によりけりですが、基本的に30万円から50万円の間の商品が多いです。

 

みずほ銀行

カードローン

30万円まで

三菱東京UFJ銀行

バンクイック

30万円まで

イオン銀行

カードローンBIG

50万円まで

具体的に総量規制対象外で専業主婦でも借入申し込みができる銀行

 

みずほ銀行みずほ

MyWing

借入限度額 30万円
実質年率 年9.0%〜14.0%
1円からでも借入ができ、条件によっては、ローンカードの発行もなしで利用ができます。My Wingは女性向けのカードローンなので女性に嬉しいサービスを受けることもできます。

セブン銀行

カードローン

借入限度額 50万円(10万円・30万円・50万円の中から選ぶことができます。)
実質年率 15.0%
在籍確認の電話がないので家族に内緒で借り入れしたい方にはオススメの商品です。また返済金額も毎月固定なので返済もしやすのが特徴です。

三菱東京UFJ銀行

バンクイック

借入限度額 30万円
実質年率 4.6%〜14.6%
テレビ窓口があり、インターネットからの申し込みに不安があるかたに人気があります。その場でカードを発行してくれるので郵送物の心配も減ります。最短即日融資も可能なので急いで融資を受けたい方にもオススメです。

イオン銀行

カードローンBIG

借入限度額 50万円
実質年率 3.8%〜13.8%
借入限度額が50万円までと高めなので、多めに借り入れしたい方に人気があります。また、イオンでよく買い物をする方は1枚持っていると便利に使うことができます。低金利なのもお得に借り入れするポイントです。

総量規制の「除外」と「例外」の内容

 

上記でも紹介しているのですが、総量規制には「除外」と「例外」があり、以下の状況の場合、年収の3分の1を超える借入も受けることができます。

 

除外の貸付は、総量規制の対象とならない貸付のことで、自動車購入時の自動車担保貸付や高額医療費の貸付などがあります。貸付けの残高としてあっても、総量規制の貸付残高には含まれないのが特徴です。

 

例外の貸付は、総量規制の貸付残高に含まれますが、例外的に年収の3分の1を超えていても、返済能力がある場合は貸付ができるもののことです。

除外

例外

☆不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
☆自動車購入時の自動車担保貸付け
☆高額療養費の貸付け
☆有価証券担保貸付け
☆不動産担保貸付け
☆売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
☆手形(融通手形を除く)の割引
☆金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
☆貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介(施行規則第10条の21第1項各号)

☆顧客に一方的有利となる借換え
☆緊急の医療費の貸付け
☆社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
☆配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
☆個人事業者に対する貸付け
☆預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け(施行規則第10条の23第1項各号)