カードローン 住宅ローン 組めなくなる

可能性はあります。

家

カードローンを持っていると住宅ローンなどを組むときに少なからず影響はあります。しかし、それは悪い影響ばかりではありませんし、良い影響だけでもありません。

ただ、やみくもにカードローンを利用しているから住宅ローンや自動車ローンは組むことができませんという決まりはありませんし、適度な金額の借入で返済日を守り利用しているのであれば大きな影響を与えるような事はないので安心してカードローンの利用をしてください。

審査について

調べる

ローンを組むときには必ず審査を受けます。この審査を受けるときに、審査を受ける時までの信用情報を銀行は確認します。その時にカードローンを何枚持っていて、そのカードローンの限度額や利用履歴、返済の記録などを全て確認することができます。カードローン以外にもクレジットカードや携帯電話やスマートフォンをローンで購入しているのであれば、その記録も信用情報に登録されているので確認されます。もちろん、自動車ローンを組んでいるのであればそれらも登録されています。

 

その時に、延滞の記録が多かったりカードローンが原因で任意整理を行っていたりすると審査に通りにくくなるというわけです。

 

住宅ローンの申込時にカードローンやクレジットカードは持っていますか?なんて聞かれる事はないから、カードローンを何枚も所有していても問題ないなんてことはありません。基本的に金融商品に申し込みしたことや利用したことなどほとんどの情報がお見通しというわけです。

 

良い影響

返済日を守り、利用限度額ないで普通に使っているのであれば逆にお金を借りてもチャント返済ができるタイプの人間だと信用してもらえる可能性があります。

 

カードローンを持っていることで審査に通り、信用がある人間だと思ってもらえることもあります。

 

ある程度、利用履歴があったほうがローンは通りやすいと言われています。カードローンを利用することによってスーパーホワイトなどと言われる信用情報が真っ白な状態になっていることを避けることができます。

悪い影響

カードローンを使っていないのに何枚も持っている状態だと、いつか使うのでは?と疑いをかけられてしまいます。必要のないカードローンは解約をしておくと良いです。

 

カードローンなどの利用で延滞の記録が頻繁にある。毎月のように利用し、自転車操業のようになっていると審査に悪い影響となります。

 

利用限度額が大きいと、いきなり使われてしまって住宅ローンに影響がないかと心配にさせてしまいます。必要最低限の利用限度額に引き下げてもらうと良いです。