専業主婦 カードローン 夫 内緒

借りられます!!

OK

収入のない専業主婦でも夫に内緒でカードローンを作り、借入をすることが可能です。借り入れするのに違法なことをしたり、手間のかかるような作業は殆どありませんし、普通に申し込み審査を受けてローンカードを受取りするだけなので、何も難しいことをしないとバレてしまうこともないです。

変にビクビクしているよりも、普通にしている方がバレにくいですから、堂々としていましょう。

どうやって借り入れするのか。

まずは、専業主婦が申し込みできる総量規制対象外のカードローンを探します。総量規制対象外でないと、収入のない専業主婦は申し込みができません。なので必然的に銀行や信金などへの申し込みになってきます。

 

大手の銀行であればみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などが取り扱いしていますし、その他イオン銀行なども収入のない専業主婦向けの商品を用意してあります。銀行を選ぶときは自分の生活パターンや利用できるATMや銀行が近くにあるかなどの利便性を考えるのと、借入限度額や金利、返済方法・金額など細かい点もよく確認して決めてください。

 

地方銀行などでも専業主婦向けのカードローンの取り扱いがあります。西日本シティ銀行カードローンや千葉銀行、福井銀行などいつもお世話になっている銀行で取り扱いがあれば、利用もし易いですし、万が一の場合すぐに窓口にいけるのも安心できるポイントです。

 

申込方法は選んだ銀行などにもよりますが、だいたい同じ方法で申し込みが可能です。

 

インターネットやスマートフォンからの申し込みや、電話・郵送・窓口来店などがあります。自分が利用しやすい方法で良いのですが、夫に内緒にしたい場合は郵送は避けたほうが良いです。
自宅に郵送物が届くと目に入ってしまう可能性が高くなります。普段は郵便ポストなんて絶対開けないのに、カードローンの申し込み書のやりとりをしている時に限って開ける・・・なんてこともありえます。

 

パソコンと女性

 

できればインターネットなどを利用して申し込みするのが良いです。パソコンを利用の際は履歴の削除などを忘れないようにしてください。来店だと本人確認の電話がない場合が多いですからスムーズです。銀行での窓口業務はカードローン以外にもたくさんありますから、万が一目撃されたとしても、興味があったから、学資保険や積立の案内を聞いていた。と言い訳もし易いです。

 

申し込みが完了したら審査を受けます。審査結果の受取方法はメールや電話、郵送などが選べることが多くできればメールだとバレにくいです。審査に通ったらメールの削除をしてしまえばバレないです。
そして、ローンカードが自宅に郵送されてくる場合や自動契約機で受け取りする方法、来店の場合はその場ですぐに発行してくれることもあります。もちろん、これも自動契約機や来店で受け取りしたほうがバレにくいです。

 

郵送物はカードローンを利用している完璧な証拠となってしまう内容の物が多いので、郵送物には気をつけてください。また自宅へ在籍確認のある銀行もありますから、夫が仕事でいない時間帯に電話してもらうようにする事も忘れないようにしてください。利用明細やDMなどの郵送物も送らないようにしてもらうのも重要ポイントです。

 

基本的に、銀行側も周りの人間に知られないように気配りしてくれることが多いので、安心して利用してください。